一輪挿し(1)

年月も いまだ経なくに 明日香川 瀬々ゆ渡しし 石橋もなし

(万葉集 読み人知らず)

  年月はそれほど経ていないのに、明日香川の瀬に渡していた石橋もなくなってしまった。時は移ろい、橋も消えた。

久しぶりの旅か帰郷か。この時代の「石橋」は石を組んだ橋でなく、川を渡るための飛び石とされる。

橋の原型。人は万葉の時代から、橋に思いを託していた。

作者は何かを失って、ここに来たのかもしれない。

(3月1日付で発行の「創刊準備号」コラム。4月の創刊後も、橋をテーマにした文章の1節、詩、短歌、俳句等を四季折々の花の写真とともにお届けします)