首都高 晴海ー豊洲区間が開通 宮田社長「多大な支援に感謝」

首都高速10号晴海線の晴海~豊洲間1・2㎞(片側1車線)が3月10日に開通した。晴海線は2009年に江東区有明から豊洲まで1・5㎞が開通しており、今回の延伸でベイエリアと都心とのアクセスが更に強化される。

赤の部分が開通した(首都高速道路㈱提供)

首都高速道路㈱は開通に先立って同日午前、東京都中央区晴海4丁目に設けた特設会場で開通記念式典を開催。国土交通省のあきもと司副大臣、東京都の長谷川明副知事はじめ多くの来賓が参加し、渡り初めには小池百合子都知事も加わって開通を祝った。

首都高速道路㈱の宮田年耕社長は式典で、関係者の支援に謝意を表したうえで、同線開通による混雑緩和、防災面の強化などに触れ、「今後ともお客様や社会のご期待に真摯に応え、首都高速道路を安全・安心・快適にご利用いただけるよう一層の努力を重ねて参ります」と話した。