国土交通省技監(創刊当時) 森昌文氏 

創刊記念インタビュー

 橋梁はメンテナンスと更新のトップランナー

国は今後、インフラ整備にどう臨むのか。橋梁業界はどう進むべきなのか。国土交通省の森昌文技監に聞いた。

 橋は過去、各インフラの中でもかなり優等生で点検、維持修繕、予防保全に取り組んできました。トップランナーです。

ただ、ピンポイントでは一番お金がかかるので、逆に予防保全でいかに長持ちさせるか、費用を軽減させるか最も分かりやすい事業です。通常の道路だと見えない部分がありますが、橋はさびたり、ひび割れが入ったり、場合によっては部材が朽ちたりするので、それに対する手当をどうするか、国民に一番分かりやすい。いかにしっかり点検して、手当てするのか。世の中の人、これに関しては8割9割、皆、賛同していただけると思います。

メンテナンスは国民の理解が得られる分野

 ミッシングリンクの整備と比較すれば、圧倒的に国民の支持が得られやすい分野なので、しっかりと仕事をしていきたいと思います。

(続きは「橋梁通信」2018年4月1日号でご覧ください)

 

森昌文氏

1959年(昭和34)年、奈良県出身。東京大学工学部卒業。建設省(現・国土交通省)に入省し、道路局高速道路課長、同局企画課長、官房技術審議官、近畿地方整備局長、道路局長等を歴任。2016年(平成28)年から技監。