ライトアップで彩る 品川の水辺

東京都品川区は、区内の流れる川の橋梁などをライトアップで彩る事業を始める。

ライトアップされた目黒川のイメージ   (品川区提供)

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えたもので、名付けて「ヒカリノミズベプロジェクト」。同区は「区内の水辺が外国人観光客を含めた多くの人でにぎわう観光・交流の軸となることを目指したい」としている。

初年度の平成30年度は目黒川と京浜運河で、橋梁と護岸のライトアップの設計・デザイン監理・整備工事費として2億12百万円を予算化した。