「持続可能なPC技術」 PC工学会が定時総会

プレストレストコンクリート工学会(略称・PC工学会、会長=宇治公隆・首都大学東京教授)は5月25日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で第59回通常総会を開催した。

(左から)宇治会長、石橋、野村、宮川各氏

宇治会長は「プレストレストコンクリート技術は、生産性の向上、長寿命化、防災・減災と、持続可能な社会インフラに大いに貢献できると信じている」と話した。

席上、石橋忠良氏(元・JR東日本コンサルタンツ会長)、野村貞廣氏(元・ピーエス三菱取締役)、宮川豊章氏(京都大学特任教授)の3人が名誉会員に推挙された。

同会の会員数は今年3月末現在で、個人正会員2433名、法人正会員42名、賛助会員71名となっている。