一輪挿し(10)

ならぶ橋 一つほのかな 盆の市

水原 秋櫻子

橋が幾つか架かっているのが見えるから、まだ陽が落ちて間もない頃か。薄墨色の景色の

中で、一つの橋だけほのかに灯っている。お盆に使う品々を売る市の明かり。

(中略)

それにしても、「ならぶ橋」とはどこだろう。

橋と橋の間が8㎞もある東京・江戸川から見ると、うらやましい限りだ。

(全文は「橋梁通信」8月15日号でご覧ください)