東品川桟橋で上下部工が進展 首都高速・宮田社長会見

首都高速道路会社は9月12日、宮田年耕社長の定例会見を開き、主な事業の進捗状況等を説明した。

「横浜環状北西線」は高架部の橋脚工が完了し、桁架設工を実施中(約70%架設完了)。横浜市から受託しているシールドトンネル(港北行)の掘進は完了した。引き続き、高架部の桁架設工、トンネル部の内部構築工と設備工を実施する。

同社・大規模更新事業の第1弾「東品川桟橋・鮫洲埋立部更新事業」は、 東品川桟橋部で更新上り線の橋脚工と桁架設工を実施中で、鮫洲埋立部で更新上り線の掘削工が進んでいる。