忘れない 海峡横断プロジェクト 4 津軽海峡② 「技術者が夢を捨てたら、もはや技術者ではない」

津軽海峡架橋の先駆け論者・大橋猛氏は49歳の若さで亡くなった。1つの詩が残されている。

「技術者が夢を捨てたら、もはや技術者ではない」。

今日の土木技術者への遺言である。

大橋猛氏 ANYTHINGS POSSIBLE   ―不可能はない― (工藤組ホームページから引用)

夢のない人生はつまらない。

それと同じように、まさに夢のない地域はつまらない。

北海道にどれだけの夢を生み出す人がいるか、

夢を見つけ出す人がいるか、

それが北海道の将来の明暗を分ける指標の一つである。

技術は夢を現実にする力を持っている。

技術者は夢ビジネスの中で生きている、いや生かされている。

技術者が夢を捨てたら、もはや技術者ではない。

ANYTHINGS POSSIBLE (不可能はない)は、

技術者のモットーにもすべき言葉である。