国交省関連 約3400億円 18年度補正予算案

政府は、10月24日に招集した国会に総額9356億円の2018年度第1次補正予算案を提出した。

政府・与党は、48日間の臨時国会の会期内で審議を尽くしたうえ、補正予算の早期成立を目指している。

そのうち、国土交通省は国費総額として、3395億円を計上した。

西日本高速道路会社が管理する関西空港連絡橋の復旧には、約50億円を計上し、全額を国費で賄うことにしている。

道路・鉄道など橋梁関係は次の通り。

▽7月豪雨への対応

(以下、略)

(全文は「橋梁通信」11月1日号でご覧ください)