オリエンタル白石 作業員向け宿舎が完成 人員確保に

オリエンタル白石 (東京都江東区、大野達也社長)はこのほど、協力会社向け建設作業員宿舎「ドーミトリー新小岩」が完成したと発表した。

宿舎は、50人の入居が可能。12月から利用を開始し、ニューマチックケーソン工法を中心とした首都圏の建設工事に従事する作業員が入居する予定。

同社は、宿舎建設で、作業員の居住環境の向上を図り、首都圏における作業員の確保・定着を目的としている。