注目の自治体①豊田市

主体的に橋梁の予防保全に取り組む自治体をシリーズで紹介する。第1回は、愛知県豊田市。

◇               ◇

「道路予防保全課」を設置

豊田市は、2014年度に、今後のメンテナンスの重要性を考慮して、「道路予防保全課」を設置した。

同課は、道路や橋梁の老朽化対策と、橋梁の耐震対策を担当する。

具体的には橋梁などの点検・診断の後、補修・補強計画と、長寿命化修繕計画の策定を行い、保全工事の執行までをカバーしていく組織とした。(以下、略)

(全文と豊田市発注一覧表は「橋梁通信」11月1日号でご覧ください)