一輪挿し(19)

初詣 雪見事なる  太鼓橋

鈴木花蓑

人それぞれに、今年も、今年は、今年こそはの初詣である。日頃、敬けんな心とは縁の薄い(かも知れない)善男善女も、この日ばかりは別。厳かに参拝した神社などで目にする太鼓橋は概ね、朱に塗られている。そこに雪が降れば、まさに「見事なる」一幅の絵画で、新年にふさわしい光景だ。紅白はやや単純で、きれい過ぎる感もあるが、(以下、略)
(全文は「橋梁通信」1月1日号でご覧ください)