首都高速 地震防災の充実等に取組 防災科研と

左が首都高・宮田年耕社長

首都高速道路会社(宮田年耕社長)は昨年12月19日、防災科学技術研究所と連携協定を締結した。
両社は協定の締結で、積雪・凍結対策や大雨・強風対策、地震防災の充実、気象予測精度の向上などを、首都高をフィールドとした実証を両者で協力し、課題解決や共同研究開発を進めていく。