点検車シリーズ① スカンクライマー 重量3千㎏昇降可能 SCジャパン

SCジャパン・スカイクランマー課 田原慶博課長

移動昇降式足場「スカンクライマー」は高強度、高精度のラック・アンド・ピニオンにより、安全確実な昇降を可能とする技術です。日本国内では、当社が代理店として5年前から販売を開始し、大手レンタル会社を中心に40機を販売しています。

プラットフォームは無段階で、45度、プラスとマイナスに自在に動くことができ、楕円型、コの字型、ロの字型と、橋脚の形状や現場状況に合わせて変形できます。従来、架設足場で行っていた高速道路や鉄道の橋脚点検・補強の分野でのご使用をお勧めしています。

スカンクライマーの部材を運ぶトラックの台数は、架設足場に比べて約10分の1。人件費、輸送費に大きな差が出てきます。

スカンクライマーは橋台1周、200mまで上がれますので、高橋脚の点検に用いられていますが、昇降回数が多くなる場合などは、優位性があると思います。均等荷重3000㎏までの重量をプラットフォームに載せて運べますので、その範囲で資材が積めることも喜ばれています。

人手不足を克服する手段としても、スカンクライマーはお役に立てると思います。ぜひ時代のニーズにマッチした本機の導入のご検討をお願いできればと存じます。