橋に咲く ガイアート 吉野貴美子さん

手作りプレゼンが好評

「自社製品のプレゼンがうまい!」と社内で定評がある。自社の技術であるFFP(多機能型排水性舗装)、延長床版システムプレキャスト工法などについて、発注者に向けた説明会、展示会や会議でのプレゼンテーションを年10回程度こなす。

「この業界は男性社会なので、女性が話した方が聞いていただけます」

プレゼンでは、使用する資料を動画に至るまですべてを一人で手作り。工法の資料を読み込み、設計書も調べるなど、より分かりやすく説明できるよう、事前の準備にも時間をかける。展示方法や見せ方にも工夫を凝らす。

「支店と協力し、技術営業などのプレゼンをしたお客様から採用いただいた時は、何よりうれしい」。

昨年からは環境担当にもなり、エコ検定の取得に挑戦し、合格した。

目標は、女性の地位向上。自身が頑張ることで男女が隔たりなく評価される、女性がより活躍できる職場環境にすること。「出すぎたら打たれるし、難しいですが・・・」。

前職で設計補助として約10年働き、CADは独学で覚えた。職場結婚で家庭に入ったが、2009年に契約社員でガイア―トT・Kへ。働き振りが買われ、11年から正社員になった。

趣味はJ1リーグ・FC東京の応援。ホーム・味の素スタジアムはもちろん、アウエーもほぼ全試合観戦する。ご主人、友達と一緒に各地の美味しい酒と名産を楽しむ。

仕事も趣味も全力疾走の東京都出身。

(技術開発部 係長)

※橋梁通信2019・1・15号掲載