一輪挿し(23)

反り橋の 下を屯す  流し雛

作者不詳

「屯す」が面白い。「たむろす」と読むのだろうが、その語感に、ちょっとヤンキーなお雛様?  と想像力がたくましくなる。

(中略)

雛祭りが長い冬の後に置かれた理由が分かるような。神戸に拠点を置く俳句結社「ひいらぎ」の08年ネット句会で入選した。

(全文は「橋梁通信」2019年3月1日号でご覧ください)