諸井橋(和歌山県)架け替え工事進む 駒井ハルテックなど受注

和歌山県は、同県紀の川市で「諸井橋」の架け替え工事を進めている(写真上)

同橋は「タマ駅長」で知られる和歌山電鐵・貴志川線の貴志駅近くにあり、一級河川貴志川に架かる。現在の橋は1958年供用で、橋長168・65mのトラス橋。老朽化が進むとともに、

(中略)

駒井ハルテックの稲葉章現場代理人(写真左)は「狭隘な施工ヤードの中で、橋梁架設と踏みかけ板工事を同時に行う厳しい工程を終えたが、まだ全体の20%の段階。橋をできるだけ早く使っていただけるよう、安全に十分配慮しながら、工期短縮に注力していきたい」と話している。

(全文は「橋梁通信」2019年3月15日号でご覧ください)