4分割で発注へ 川崎港の斜張橋 京浜港湾事務所

国土交通省関東地方整備局はこのほど、「川崎港臨港道路東扇島水江町線主橋梁部上部工事」4件の発注見通しを公表した。

2019年度第2四半期に4分割して着手する予定だ。

京浜運河をまたぐ主橋梁部は延長約900m。ひし形の鋼製主塔は高さ98・5m、 主橋梁部の補剛桁は鋼床版箱桁(延長520m余)と、PC桁(延長350m余)で計画。主橋梁部の総鋼重量約1万8000t。総コンクリート量約1万2000㎥に及ぶ。

(以下、略)

(全文は「橋梁通信」2019年3月15日号でご覧ください)