一輪挿し(26)

影たえて 下ゆく水も かすみけり

浜名の橋の 春の夕ぐれ

藤原定家

 

拝啓 定家様 春の夕の静けさ、のどかさを歌ったと一般的に解釈されています。でも、違いますよね。ことさら人影が「たえて」としたのは、対照的に

昼は人通りが多かったことを暗示したかったのではありませんか。

(中略)

交通の要衝。そのにぎやかさを、裏から歌いましたね。技巧的な新古今調の代表的歌人とされる定家様には、こんな解釈が似合うと思います。敬具

(全文は「橋梁通信」2019年4月15日号でご覧ください)