塗替え工事300万㎡超え はく離剤の続伸が際立つ 既設鋼橋 本紙調査

2018年度日本全国の既設鋼橋の塗替え工事は、重防食塗料が17年度と同等の約250万㎡~300万㎡分、塗膜はく離剤が17年度比2倍増の120万㎡分で、ブラスト施工面積が50万~60万㎡程度に上ったことが、橋梁通信社の取材で明らかになった。

例えば塗膜はく離剤は、(以下、略)

(全文は「橋梁通信」2019年4月15日号でご覧ください)