一輪挿し(31)

梅雨ふかし 塗りたる橋に 竹煮草

飯田隆太

(前略)

難解な句である。竹煮草は、高さが2mにもなる野草。白または赤みを帯びた地味な小花を夏に咲かせる。

「たる」で、「塗り」が強調された。

やはり、強い朱色か。

雨にけぶった灰色の景色の中で、橋は凛としてそこにある。

決して派手ではない花を寄り添わせ、橋を引き立たせたと解釈したいが。

(全文は「橋梁通信」2019年7月1日号でご覧ください)