準推奨技術に6件選定 国交省

国土交通省はこのほど、「準推奨技術」6件を選定した。

同省は公共事業などでの新技術活用のため、画期的な新技術と認定した「推奨技術」(5件)、さらなる発展を期待する部分がある「準推奨技術」(11件)を選定している。今回新たに、「準推奨技術」に6件を加えた。

橋梁向けは、次の4件。

①大成建設が開発し、ポストヘッドバー工法協会が申請した「ポストヘッドバー工法」(KT-090022-VE)

②ビービーエムが開発・申請した「超小型ゴム支承装置(UCB)」(KK-100022-VE)

③中大実業が開発・申請した「橋梁用埋設型排水桝」(HK-140002-VE)

④日綜産業が開発・申請した「先行床施工式フロア型システム吊足場(クイックデッキ)」(TH-150007-VE)

RCせん断耐力を向上 ポストヘッドバー工法

ポストヘッドバー工法は、既設RC構造物に削孔した孔内に専用モルタルを充てんし、プレート定着型せん断補強鉄筋(ポストヘッドバー)を定着させる工法。 ポストヘッドバーを後施工することで、部材のせん断耐力だけを向上させることができる。

施工総数746件、124万2000本以上に上り、橋梁・地下道で34件が活用された(19年1月現在、施工中含む)。

支承交換が容易に 超小型ゴム支承装置

(以下略)

※全文は「橋梁通信」2019年7月15日号でご覧ください