横丁(35)橋の上にガジュマルの木が

中国で昔、白いブタが珍しいと朝廷に献上したら、そう思っていたのは自分だけで、恥をかいた故事がある。それに似たようなことかも知れないが、横丁子には珍しい新聞コラムを読んだ。橋に雑草ならぬ雑木が生えているという。

(中略)

6月10日付コラムは、コンクリート橋にガジュマルの木が育っていると伝えた。橋の隙間に土がたまり、雑草やら雑木やらが芽を出す。管理者が刈っても根は残っているから、すぐ芽吹いてしまう。高温多湿の地で植物はたくましいと筆者は嘆き、いっそ「橋の上の樹」と銘打って観光名所にしようかと結んだ。

橋は傷むに違いないが、調べると、植物による影響は道路そのものにもあった。

沖縄県庁には、

(後略)

(全文は「橋梁通信」2019年8月15日号でご覧ください)