西日本高速と三井住友建設 腐食・劣化しない壁高欄 維持管理費の削減可能に

西日本高速道路(大阪市北区、酒井和広社長)と三井住友建設(東京都中央区、新井英雄社長)は、橋梁の一部を構成する車両用防護柵について、腐食しない超高耐久壁高欄(デュラ・バリア)を共同開発した。(左図、西日本高速提供)

耐久性の向上により、維持管理費用の削減が可能になる。

両社は2010年から、鉄筋やPC鋼材に替わり、腐食しない新材料を緊張材に使う「超高耐久橋梁」(デュラ・ブリッジ)を共同で研究している。

壁高欄は経年に加え、凍結防止剤の散布や沿岸部での飛来塩分などにより、鋼材の腐食による劣化が進行しやすいため、これまでの研究成果を応用。

腐食する鋼材を一切使用せず、ガラス繊維を棒状に加工したGFRPロッドをプレキャスト壁高欄本体の補強材と床版との接合部材として使うことで、壁高欄の超高耐久化を実現した。

実物大の壁高欄モデルを使った衝突実験で、実橋への適用に十分な強度と安全性があることを確認した。

これにより、維持管理費用の削減とともに、コンクリート片のはく落などによる第三者被害も防ぐことができる。両社は今後、鋼材の腐食環境が厳しく高い耐久性が望まれる場所や、床版取り換え工事への適用を目指す。