一輪挿し(35)

秋の日の 瀬多の橋ゆく 日傘かな

鈴木三重吉

 

秋の日に夏の季語の日傘? とつい書きたくなるが、三重吉という児童文学の父の前で、そんな野暮はやめよう。

むしろ、月ごとに定めた季語の方が野暮なのだ。

だって季節は、ページをめくるようには進まない。

行きつ戻りつは早春の感覚。

今頃は残暑いつまで、だろう。

瀬多を瀬田とも書く唐橋は、

(中略)

秋の日の下、どれほどの数の日傘が橋を渡ったことだろう。

(全文は「橋梁通信」2019年9月1日号でご覧ください)