「橋守支援センター」新出発へ 理事長は阿部允氏から坂野昌弘教授に、本部は関西に移転

阿部理事長

坂野支部長

NPO橋守支援センター(阿部允理事長)の地域組織・関西支部(支部長=坂野昌弘・関西大学教授)とNPO橋守支援センター静岡(理事長=長山智則・東京大学准教授)は、第2回総会をそれぞれ開いた。

金田事務局長

長山理事長

このうち関西支部が大阪市内で開いた総会では、近くNPO橋守支援センターの本部を現在の千葉から同支部(事務局・巴製作所)に移し、新理事長に坂野教授、副理事長に小出泰弘・南海電鉄営業本部工務部工務課長が就くことが報告された。

一方、NPO橋守支援センター静岡が静岡県浜松市内で開いた総会では、金田学事務局長(中村建設)が、自治体から相談を受け、現場を調査した結果をまとめた同市・横山橋(トラス橋)などの「橋守カルテ」の事例を紹介した。正式な相談はこれまでに16件。口頭レベルでは多数に上るという。

長山理事長は「橋守の本部と関西支部、長崎大学の道守(松田浩理事長)などと連携を活発化、知見を共有している」と報告。本部の阿部理事長は「橋梁は適切にメンテナンスすれば、コストが現在の1/3で120年は持つ」と訴えた。

「橋守支援センター」の坂野氏を除く新体制は次の通り。

▼副理事長=平井美次・中村建設常務取締役▼理事=山内昌・ケミカル工事取締役、横山明夫・東海アーパン開発代表取納役、中村仁志・中村建設代表取締役社長、野田宗義・同專務取締役、金田学・同土木本部技術開発部長

▼正会員=高木賢一郎・IPH工法協会中部支部長、若生洋介・ケミカル工事名古屋支店技術営業課係長、南正信・ナカボーテック取締役名古屋支店長、鈴木正人・日綜産業取締役、長谷川昌広・福美建設インフラ保全事業本部長、阿部孝・東海アーバン開発機材部所長、三間洋幸・中村建設土木本部土木部長

▼新会員=竹内祥一氏(東海シーエス工事)小林勝氏(鋼構造物技術協会)、西島章浩氏(シビルクリエイト)辻山守道氏(ライト工業)、齋田浩之氏(蔦井)、寺阪剛氏(共和ゴム)、前田薫氏(二チレキ)

▼賛助会員­=鈴木良信氏(五十嵐祖)、望月史氏(池ノ沢工業)、近藤大智氏(アースシフト)、鈴木淳公氏(鈴和建設)、堀内祐典氏(堀内土木)、松下進一氏(松下組)、野ヶ本好剛氏(明建)、増田慎平氏(増田組)、青野充氏(アクシス)、佐藤広恭氏(カントビ)、森田英明氏(ジオーサーチ)、鈴木淳氏(淳和工業)、鈴木満氏(シーエス技研)、反町猛氏(日本ヒルティ)、松本政也氏(フィールドサービス)、渡辺雄氏(富士字部)、岡田幸夫氏(ポンリスソリューションズ)村田富彦氏(前国工織)、野中嘉裕氏(レント)、伊華竜二氏(KAMIYA)、大場雅之氏(片岡屋)、高木弘敬氏(エムビーエス)、鈴木祥哲氏(藤本組)、内田翔氏(内田建設)、仲島正氏(ニューテック)